3月5日(水)、ブロードウェイ・ミュージカル「イン・ザ・ハイツ」の制作発表記者会見が行われました!キャスト陣に加え、演出・振付のTETSUHARUさん、日本語歌詞を担当されるKREVAさんから、上演に向けてのコメントをいただきました!

* * * * * * * * *


ベニー役 / 松下優也
実際に(物語の舞台である)ワシントンハイツにも足を運び、皆さんがイメージするN.Y.とは違う町の空気を感じてきました。にぎやかなキャストの皆さんと共に一所懸命頑張ります。

ウスナビ役 / Micro (from Def Tech)
初舞台ということで、キャストの皆さんから色々な教えをもらいつつ、感謝の気持ちで舞台に立ちます。これまでラップで活動してきたので、セリフから歌になったり、セリフに感情を込めたり、これまでやってないことを猛練習しています。

ニーナ役 / 梅田彩佳(AKB48)
今回が初舞台で、AKBの7年間でも経験したことのない毎日で新鮮です。公演をやりとげたら何が見えているか楽しみにしています。(稽古の)壁が高くて、毎日のやり遂げた感が強いです。パートに分かれてハモるのもAKBではあまりないことなので嬉しいです。

ヴァネッサ役 / 大塚千弘
(歌披露をうけて)今の歌で伝わりましたよね。稽古場がラテンの熱さに満ちています。それが舞台で伝われば嬉しいです。

ソニー役 / 中河内雅貴
ソチオリンピックで浅田真央さんが感動を与えてくれたように、感動を与えられるステージにしたいです!

グラフィティ・ピート役 / 大野幸人
この作品、凄い作品なんです!
何が凄いか、言葉で伝わらないのでぜひ劇場で感じて下さい!

ピラグア・ガイ役 / 植原卓也
実力がある方に囲まれて緊張しています。自分もキャストの皆さんと頑張って魅力ある作品にしていきたいです。

カーラ役 / エリアンナ
日本初演に参加できて嬉しいです!私に流れるラテンの血を大いに注いで、観に来た方が「また観たい!」と言う作品にしたいです。

ケヴィン・ロザリオ役 / 安崎 求
30年間ミュージカル界にいる自分でも、初めての経験が多い作品。これまで人生感が変わった「レ・ミゼラブル」「レント」に続き、「イン・ザ・ハイツ」でも自分が変わりそう。リチャード・ロジャースから続いてきたミュージカルが、また新しく変わっていくのを感じています。

カミラ・ロザリオ役 / 樹里咲穂
トニー賞受賞直後のこの作品をN.Y.で観て、非常に感動しました。でも、ラップの部分をどなたが出来るのかと思うと「日本では上演されることはないだろうな」と思っていました。翻訳された台本で全貌が見えて、あらためて感動しています。家族への愛、街への愛をキャストの皆さんでお届けできれば。

ダニエラ役 / マルシア
N.Y.のワシントンハイツに住んでいるコミュニティを描くので、ラテンを基本にしながらラップもあり、「新しいミュージカルが来たな!」思っています。この作品には“移民”という深いテーマがあり、私も思いを込めて舞台に全力を尽くしたい。

アブエラ・クラウディア役 / 前田美波里
私は父がアメリカ人、母が日本人で、両方の血のぶつかり合いで爆発するものをこの作品にぶつけたい。日本語のイントネーションと違う上げ下げが(曲に)あるので、感動的に伝えるために日々勉強!

* * * * * * * * *

演出・振付 / TETSUHARU
トニー賞受賞の素晴らしい作品に、最高のキャスト・スタッフと向かい合って行けるのが光栄で感謝です。本場で観た「イン・ザ・ハイツ」の音のエネルギー、あたたかい気持ちを大事に創っていきます。
・ラップについて
日本を代表するヒップホップアーティストKREVAさんに訳詞を快諾いただき、デモ音源を聞いた時に鳥肌が立ち、世界観が出来たのを確信しました。
・音楽について
この作品で使われている「サルサ」という音楽は、ヒスパニック系の移民が海を渡り、N.Y.で生まれたもの。N.Y.で生まれた「イン・ザ・ハイツ」が、海を渡り日本の文化と融合して新しいものが生まれようとしていることが、この作品自体に通じていると思っています。

歌詞 / KREVA
オファーを頂き、訳詞に取り組んだときは「とけないパズル」のようでした。ラップを皆さん歌えるのかなと思っていましたが(今の歌稽古を聞いて)「おまえらスゲエな!!!」凄い舞台になると確信しました!

Broadway Musical IN THE HEIGHTS イン・ザ・ハイツ 公式ホームページ
Copyright(C) All Rights Reserved. ※ホームページ上のあらゆるコンテンツの無断使用、転載は固くお断りいたします。